極東地域研究センター

センターの沿革と目的

富山大学 研究推進機構 極東地域研究センター(Center for Far Eastern Studies, CFES)は2001年4月に設立され,経済,社会,環境の面から北東アジア地域を研究しています.本センターの目的は,北東アジア地域の経済・社会・環境に関する総合的な地域研究を志向し,当該地域の経済発展が社会的安定と環境保全を伴いながら実現される道筋,いわば当該地域に適合した持続的発展への道筋を探究することにあります.研究対象である北東アジア地域は,中国東北地域,朝鮮半島,ロシア極東地域,並びに日本を含む地域です.そこでの多様な地域発展類型の存在に着目し,地域経済の発展と国際協力,経済発展と資源制約,経済発展と雇用問題,大気・水循環の変化と人間生活など,当該地域をめぐる諸問題を分析し,地域研究としての総合化を図り,当該地域研究の一拠点として発展させたいと考えています.

詳しくは当センターウェブサイトをご覧ください.

 

アクセス・お問い合わせ
  • 〒930-8555 富山県富山市五福3190 富山大学五福キャンパス 経済学部研究棟 1F
  • T: 076-445-6510 (センター事務室)
  • F: 076-445-6520 (センター事務室)
  • E: kyokuto [at] eco.u-toyama.ac.jp