2018年度前期「国際関係論」(経済学部)

担当教員

  • 伊藤 岳
  • 研究室:経済学部研究棟418号室
  • オフィス・アワー:木曜日5限 or 個別相談(事前にメールすること)
    • 研究室に電気が付いているときは予約なしでも可(ただし,他の予定・来客がなければ)

講義の目的・学習目標

本講義では武力紛争の原因を中心に,国際関係論 (国際政治学) の理論と実証を巡る知識・思考法を学ぶ.近年の国際関係論,特に武力紛争を巡る研究では,ゲーム理論・ミクロ経済学と親和性の高い合理的選択論・戦略的アプローチ,特に「戦争の交渉モデル(bargaining model of war)」と呼ばれる理論体系が主流になっている.

本講義では,「なぜ武力紛争が生じるのか(なぜ交渉による係争解決に失敗し,武力による解決が選択されるのか)」という中心的な問いと,これに関連する一連の問いに回答するための国際関係論の知見・分析枠組みを,戦争の交渉モデルのアプローチを中心に学ぶ.国際関係論・政治学の基礎知識や歴史的事例にも目配せしながら,Rubinstein型の交渉ゲーム(最後通牒ゲーム)を拡張した簡略なゲーム・モデルを用いて講義を進め,ゲーム理論の基礎知識・概念も習得(あるいは復習)できるよう配慮する.並行して,戦争の交渉モデルを中心とした理論体系に対応する実証研究の知見・論点も学び,国際関係論の理論と実証を体系的に理解する.

開講時間・教室

  • 木曜4限(14:45-16:15)
  • 経済学部102教室
  • 休講:5/17(木),6/21(木),7/5(木)
  • 補講:8/2(木)14:45-(1.5-2コマ分)

シラバス

アナウンス

  • 最終レポートを含む課題での剽窃・コピペのような不正行為には,厳正に対処する.剽窃・コピペは試験での不正行為と同様に今学期・年度の全単位取り消しのような厳しい処分が課されるため,7/26講義時に配布した以下の注意も参照し,十分注意すること.
  • 最終レポート作成に際しての注意点(7/26講義時配布)

スライド

第1回講義スライド(4/12)第2回講義スライド(4/19)第3回講義スライド(4/26)第4回講義スライド(5/10)第5回講義(5/17)は休講第6回講義スライド(5/24)第7回講義スライド(5/31)第8回講義スライド(6/7)第9回講義スライド(6/14)第10回講義(6/21)は休講第11回講義スライド(6/28)第12回講義(7/5)は休講第13回講義(7/12)第14回講義(7/19)第15回講義(7/26)補講(8/2)