2016年度「インターネットを活用した経済データ分析」

担当教員
  • 山本 雅資・伊藤 岳
R Markdown
  1. Rによるデータの読み込みと書き出し
  2. Rにおけるオブジェクトとその要素へのアクセス
  3. ウェブスクレイピングによるデータ取得
  4. APIによるデータ取得
  5. 回帰分析とシミュレーション
  6. 回帰分析の解釈と限界効果
  7. 空間データと空間計量経済モデル
Slide
  1. 2/15講義スライド(担当:山本 雅資)
  2. 2/16講義スライド(担当:伊藤 岳)