2018年度第6回ワークショップを開催します(11/21)

極東地域研究センターでは,人間文化研究機構のプロジェクトの一環として「北東アジアにおける国際分業の進化と天然資源の持続可能な利用に関する研究」に取り組んでいます.当プロジェクトの一環として,11月21日(水)に,2018年度第6回ワークショップ「山岳植生の動態を明らかにするモニタリング研究」を開催致します.
当センター以外のご所属の教員・学生の皆様の参加も歓迎致します.奮ってご参加ください.詳細はこちらのPDFファイルからご覧ください.

  • 日時:2018年11月21日(木)15:00 – 16:15
  • 場所:富山大学 五福キャンパス 理学部棟 C206号室
  • 報告者・報告題目(敬称略)
    1. 雨谷教弘(国立環境研究所)「立山における34年間のハイマツとササの被覆率変化」
    2. 佐々木雅希(富山大学理学部)「立山連峰室堂山における高山植生の空間配置と種組成の経年変化(中間報告)」
    3. 山田武典(富山大学理学部)「ドローンを用いた写真測量による積雪深分布の推定と高山植物群落の空間配置との関係について:立山連峰室堂山における事例(中間報告)」